2017年5月15日月曜日

平成29年度玉川上水ネット総会、新人事で「日本遺産」登録へスタート!

 5月14日(日)、玉川上水ネット総会(会場:日比谷公園・緑と水の市民カレッジ)が行われました。新代表に西村 弘 氏(小平市)が、副代表には小倉 安洋 氏(東大和市)が就任しました。これまで代表を務められた柴 俊男 氏、副代表の田畑 貞壽 氏は顧問に就任しました。

 新体制の下で、関係団体(23団体6個人)の皆さん方とともに未来遺産「玉川上水・分水網の保全活用プロジェクト」の推進をさらに進めてまいります。そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに、各行政とも連携しながら「日本遺産登録」を目指すことになりました。



 なお、この日午前9:30~12:00では、未来遺産登録記念の講演会が開催されました。
公益財団法人東京都公園協会理事長 佐野 克彦氏と主催者の玉川上水ネット代表 柴 俊男氏より、開会のあいさつがありました。
 引き続き、基調講演2題と意見交換会が満席の会場の視線を集めて実施されました。

* * * * * * * * *


1.「水循環の見える化と地域環境のデザイン:英国の取り組み」   
  講師 木下 剛 氏 千葉大学園芸学部准教授
2.「緑と親しむ水循環都市東京を目指して」
  講師 細見 寛 氏 元日本大学客員教授
意見交換会・質疑(11:15~12:00)
(司会 谷下 雅義 氏  中央大学理工学部教授)
話題提供「井之頭恩賜公園100年と玉川上水」田畑 貞壽 氏 千葉大学名誉教授
  意見交換・質疑


(写真上:満席の会場、写真下:左から田畑・木下・細見の三氏を囲んで交換会)
質疑も活発、課題解決への熱意を感じるやり取りで盛り上がりました。



2017年4月28日金曜日

展示と講演『玉川上水・分水網の保全再生をめざして』

日時 展示 2017年5月9日(火)~ 5月26日(金) 9:00~17:00
   講演 2017年5月14日(日) 9:30~12:00(14日のみ特別開館)
   基調講演 「東京の水と緑の歴史遺産」
        「緑と親しむ水循環都市東京を目指して」
   意見交換  玉川上水の河川水通水から日本遺産・世界遺産へ

会場 日比谷公園・緑と水市民カレッジ(3階みどりのiプラザ)

* * * * * * * * *

玉川上水ネットの「玉川上水・分水網の保全活用プロジェクト」が 2016 年度の未 来遺産プロジェクト(日本ユネスコ協会連盟)に登録されました。

これを記念して玉川上水・分水網の特徴,保全活用プロジェクトの概要および、今後の保全・再生等に関する展示と講演を開催したします。是非ご来場ください。

【展示】(入場料無料)
第 1 部:玉川上水・分水網について
     玉川上水・分水網保全再生・連絡会
第 2 部:各分水網の特徴について
     各分水路に関連する市民団体
第 3 部:玉川上水ネットの市民活動
第 4 部:玉川上水と都心部の水辺再生
    水循環都市東京シンポジウム実行委員会


【講演プログラム】(入場料無料 約60席・予約不可)
基調講演
1.「(仮題)水と緑の歴史文化遺産」
  講師:調整中
2.「緑と親しむ水循環都市東京をめざして」
  講師 : 細見 寛 氏(日本大学元客員教授・現 非常勤講師)
意見交換
 玉川上水の河川水通水から日本遺産・世界遺産へ


会場のWEBサイトはこちら
緑と水の市民カレッジ みどりのiプラザ